CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
PR
<< 債権譲渡された場合の消滅援用 | main | 信用情報開示 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    時効援用後のローンについて
    0

       

      CICとJICCの情報開示について、以下の事例をご紹介致します。

       

       

      相談

      時効援用後のローン審査について
      この度CICとJICCにて情報の開示を行いました。
      弁護士さんに直接相談しましたが、JICCについては情報がすぐに抹消されるので時効援用を薦めていただきました。
      CICは5年間残るため、今後ローンを組む必要があるなら完済した方が印象が良いと薦めていただいてます。
      CICの場合は登録が抹消される時と5年間貸倒と記載する場合があるそうですが、この違いはどういう条件の場合でしょうか?
      仮に時効援用を成立させ、貸倒の記載がされた場合は5年間は住宅ローンなどの審査は通りませんか?
      CICについても情報が抹消になるなら時効援用の手続きをしよかと悩んでいます。
      今後ローンを組む事を考えた場合どちらが良いのでしょうか。宜しくお願い致します。

       

      <引用元: https://www.bengo4.com/shakkin/1046/1176/1292/b_435977/ >

       

      >CICの場合は登録が抹消される時と5年間貸倒と記載する場合があるそうですが、この違いはどういう条件の場合でしょうか?

      まずはCICに問い合わせをするのが良いと思います。

       

      >仮に時効援用を成立させ、貸倒の記載がされた場合は5年間は住宅ローンなどの審査は通りませんか?

      これはローン審査を行う金融機関次第だと思います。弁護士が審査を通る通らないを断言することはできません。

       

       

      アヴァンス行政書士法人 信用情報開示  

      | 信用情報について | 15:28 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 15:28 | - | - |
        コメント
        コメントする









        -->